裕紀のお役立ち日記

Just another WordPress site

*

マイナンバー詐欺の手口を暴露!やはり老人がターゲット?

   

マイナンバー詐欺の手口|老人が狙われる!対策はどうする?

早くもマイナンバー詐欺が現れました。
まだ支給されて間もないのに、詐欺師は狡猾ですね。

今回は、今月6日に南関東の70代の女性が詐欺に遭われました。
やはり、高齢者を狙った詐欺ですね。

手口は、役所の相談窓口からの電話と思わせ、偽のマイナンバーを
伝えます。

マイナンバーって電話で口頭で伝えるものでは、ないですよね。
でもご老人にとって役所からの連絡ならと思うのでしょう。

本当に人の弱みに付け込むのが上手いです。

その後、別の「男性からマイナンバーを貸してほしい」と連絡が
あり、その方は、何故か素直に教えてしまいます。

まだ、マイナンバーの重要性をご老人逹は、認識していないのでしょうね。
マイナンバーの危険性なんかも政府がしっかり伝えないと
被害は、これからも増えていく事が目に見えています。

スポンサードリンク

次の日にその老婦人に、「マイナンバーを教えたことは犯罪に当たる」
と脅すわけです。
そして和解金のような形で現金を要求してきます。
そして怖くなった老婦人は、現金を渡してしまいます。

いままで真面目にしっかり生きてきたご老人にとって、「犯罪」 の言葉に、
大変なストレスを感じるのでしょう。

マイナンバー詐欺の被害は、コレだけではなく各自治体に、
被害が報告されています。

北関東の方では、現金こそ要求は、されないまでも、

役所関係者を名乗り、「マイナンバーの支給に、際して個人情報を
把握しなければ、ならない。」

と騙り、資産状況などを知らててしまうケースもあります。

各自治体でもマイナンバーに於ける相談窓口やコールセンターなんかも
設置している所もあるのですが、ご老人が積極的に活用することは
少ないと、私は思うのですが。

やはり若い世代がおじいちゃんやおばあちゃんに、
教えてあげる事が一番の予防かもしれません。

スポンサードリンク

 - 生活